戦没船員の碑



 横須賀美術館の裏手を登ってゆくと「花の広場」というとても広くて気持ちのいい公園があります。となりには「うみの子とりで」という名前の子どもの遊び場があり、長いローラー滑り台やロッククライミングなどの遊具があります。こんな所にこんな楽しい場所があったのかと、ちょっとびっくりです。

 そしてさらに進んだところに戦没船員の碑があります。説明板によると、この碑は「第二次世界大戦や海難事故の犠牲となって海洋で失われた、6万余人の船員の霊を慰め、かつ永遠の平和への願いを込めて設けられ」たそうです。市のホームページによると、6万人とは、昭和16年12月8日の開戦から昭和20年8月15日の終戦までの間に亡くなった、軍人以外の船員の方たちの数だそうです。

 この場所からは太平洋へ続く海を見渡すことができます。海に向かった右側には「高さ24メートルの白磁の大碑壁(白い磁器で作られた大きな壁状の碑)」、左側には天皇陛下と皇后陛下が詠まれた歌の碑があり、正面には「安らかにねむれ わが友よ 波静かなれ とこしえに」と書かれた碑があります。

 財団法人戦没船員の碑建立会の「戦没船員の碑建立記」には「見渡す限りの大海原 変わることのないこの大自然を前にして この地を訪れる人びと また沖をゆく船の人びとと共に心をあわせてこの記念碑が永遠の平和の光となりますよう深い祈りを捧げるものであります」とあります。また足元には、日本と中国、台湾、東南アジアの地図が描かれています。

 目の前のこの海をとおってこれらの地へ多くの日本人たちが戦争に出かけていったことを思うと、子どもたちが公園で元気よく遊ぶ声が、平和を謳歌する歌のように聞こえてきます。

天皇陛下御製碑



平成四年一月二十日、天皇陛下行幸の際、戦没船員を悼んでお詠みになられたうたです。「戦日に逝きし船人を悼む碑の彼方に見ゆる海平らけし」とあります。

24メートル大碑石と群像



第二次世界大戦や海難事故の犠牲となって海洋で失われた、6万余人の船員の霊を慰め、かつ平和への願いを込めて設けられました。(説明板より)

碑文石



東京湾から太平洋を臨む場所に、死者を悼む碑文石があります。朝鮮・中国・東南アジアへと至る戦火にまみれた地域の平和を願うように、足元に東アジアの地図が描かれています。

進徳丸の錨



進徳丸は大正13年(1923)に神戸高等商船学校の練習帆船で、戦時中石炭輸送に従事していたときに全焼しました。戦後引き揚げられ保存されていたものが、阪神・淡路大震災により解体されました。