横須賀歴史エリア構想

太古エリア






 三浦半島は地層的には南帯・中帯・北帯の三つに区分されています。この太古エリアは、三浦半島西部の南帯にあたる、荒崎・天神島から立石・長者ヶ崎で有名な中帯(葉山層)へと連続して太古の地層が姿を見せている地域です。

 三浦半島南帯は、フィリピン海プレートが大陸プレートとぶつかって大陸プレートの下に沈み込んだとき、プレートの断片や土砂の一部が大陸にこすりつけられてできたものです。それはものすごい力でこすりつけられるのでしょう。荒崎の奇観はこのようにしてできたものです。また、天神島周辺は荒崎と同じ三崎層の北限となっています。

 三浦半島中帯(葉山帯)もまた南帯が大陸に押し寄せた遥か昔に、海洋プレートの運動によって三浦半島までやってきて陸上まで隆起して大陸となっていたものです。ですから、この中帯(葉山帯)は南帯より古い地層ということになります。夕日で有名な立石はこの中帯(葉山帯)に属しますが、中帯の中では新しい時代のもので矢部層と呼ばれ、火山の噴火物が降り積もって固まった岩石でできています。

 三浦半島北帯は南帯が形成されていた時代と同じころにつくられたもので、その一部をなす上総層群という地層は関東平野の地下まで続いており、関東平野の基礎となっている地層です。

 このように、三浦半島は2,000万年近く前からつくられてきましたが、半島を形成する地層や岩石は5,000万年近くも前につくられたものだそうです。荒崎から長者ヶ崎にかけて海を見渡せば、想像を絶する長い時間をそこに感じることができます。こうした景観は観光やレジャーで人が集まる場所でもあります。一方、太古の自然に関しては不思議なことがまだまだたくさんあります。特に三浦半島における活断層の存在は、大規模地震への備えや都市開発の際に重要な要素となるという意味もあり、調査研究が必要な分野といえるでしょう。


    三浦半島の区分                  時 代         地 層             代表例
南 帯 1000万~470万年前 三浦層群三崎層 荒崎・天神島
400万年前 三浦層群初声層  
30万年前 宮田層  
中 帯
(葉山帯)
1800万年前・1500万年前 葉山層群 野比海岸(シルト岩)
1200万年前 矢部層 立  石 
600万年前 三浦層群逗子層 長者ヶ崎 
北 帯 600万~400万年前 三浦層群逗子層
400万~250万年前 三浦層群池子層 観 音 崎
250万~50万年前 上総層群  
15万年前 横須賀層  


「よこすか大地と生命の歴史」横須賀市自然・人文博物館
「新横須賀市史 通史編 自然・原始・古代・中世」横須賀市

荒 崎立 石長者ヶ崎