横須賀歴史エリア戦略






1 各エリアの探求


 学校教育の役割LinkIcon


 ○横須賀は太古から現代へと至る歴史にまつわる自然や遺跡・遺構が豊富である。
 ○横須賀の歴史は常に日本の歴史と歩みを同じくし、横須賀の課題は同時に我が国の課題でもある。
 ○こうした横須賀市の位置づけを利用し、子どもたちに郷土愛を育てるとともに、国家・時代の先端で活躍する人材を育てる。

学校教育において郷土の特色を生かした学習に取り組みエリアに応じた郷土の学習を深化させる。



2 各エリアの深化


 社会教育の役割LinkIcon


 ○横須賀市は、博物館や図書館などの文化施設が豊富である。
 ○これらの文化施設と歴史エリアを戦略的に配置し社会教育をさらに活性化する。
 ○横須賀市には、郷土の自然や歴史に詳しい大人たちがたくさんいる。

社会教育の成果を生かし地域の大人たちがエリアに応じた知識・体験を子どもたちに伝えていく。



3 各エリアの開花


 街全体がテーマパークLinkIcon


 ○横須賀市には、魅力ある自然・歴史・文化がある。
 ○市民自身が横須賀市に愛着と誇りを持つためには、その魅力をテーマとして打ち出すことが有効である。
 ○市民が愛するこうした自然・歴史・文化は、市民以外にとっても魅力的なはずである。

学校教育・社会教育の蓄積をベースにエリアの魅力をテーマパークとして打ち出していく。