使用料とは、市立保育園や公営住宅など自治体が設置・管理する公の施設の利用に係る収入ですが、この説明だけでは具体的にどのようなものがあるのかよくわかりません。そこで市の予算書に書かれている内容を以下に見てみます。


使用料

使用料の推移

        

     (千円)  
    使用料  
  H10 3,116,879  
  H11 3,225,937  
  H12 4,768,329  
  H13 3,505,234  
  H14 3,438,655  
  H15 3,428,874  
  H16 3,428,816  
  H17 3,110475  
  H18 3,240,791  
  H19 3,309,848  
  H20 3,375,086  
  H21 3,434,450  
  H22 3,132,096  
  H23 2877,717  
  H24 2,772,205  
  H25 2,817,507  
  H26 2,853,779  
  H27 3,075,042  
  H28 3,204,605  
  H29 3,097,712  
  H30 3,106,969  
  R 1 3,151,190  
  R 2 2,803,983  
       


使用料の内訳(平成29年度)

予算
区分 金額 説明
1 総務使用料 360   1 市民活動サポートセンター使用料 360  
         
2 民生使用料 313,006   1 総合福祉会館使用料 7,386  
      2 療育相談センター診療所使用料 58,628  
      3 療育相談センター通園施設使用料 5,993  
      4 乳幼児健康支援デイサービスセンター使用料 816  
      5 市立保育園使用料 238,985  
      6 自然の家使用料 232  
      7 青少年会館使用料 996  
         
3 衛生使用料 136,583    1 保健所使用料  20,608  
      2 火葬場使用料  62,975  
      3 健康増進センター使用料 35,000  
      4 看護専門学校授業料  18,000  
         
4 農林水産業使用料 17,614    1 岸壁場揚場泊地使用料  646 横須賀市漁港管理条例において、長井、秋谷、佐島等の漁港の岸壁4、物揚場16、泊地5、船揚場35、漁港施設用地5、漁港区域内駐車場2の使用料徴収が定められています。
      2 漁港施設用地占用料  6,648
      3 漁港道路占用料  174
      4 水域占用料  2,193
      5 公共空地占用料  6,551
      6 漁港区域内駐車場使用料  1,402
         
5 土木使用料  2,300,082   1 道路及び附属物占用料  330,671 道路占用条例において、電柱・広告塔・縁日の出店等の使用料徴収が定められています。
      2 溝渠使用料  2,922 横須賀港港湾施設使用条例において、船のトン数や使用する面積に応じて使用料金が定められています。               
      3 岸壁使用料  65,869
      4 桟橋使用料  13,056
      5 係船浮標使用料  870
      6 上屋使用料  8,759
      7 荷さばき地使用料  43,904
      8 野積場使用料  90,538
      9 物揚場使用料  18,090
    10 船舶給水料  21,274
    11 給電施設使用料  829
    12 港湾施設占用料  59,469 港湾管理条例において占用料が定められています。海水浴場施設等もここに含まれます。
    13 水域占用料  44,261
    14 公共空地占用料  11,314
    15 港湾緑地使用料  50,772 港湾緑地条例において海辺つり公園・うみかぜ公園等5か所の駐車料金・撮影会等での使用料が定められています。
    16 公園使用料  381,825 都市公園条例において規定があります。 
    17 市営住宅使用料  1,155,659  
         
6 教育使用料 188,828    1 高等学校授業料  121,608  
      2 幼稚園保育料  8,796  
      3 美術館使用料  58,424  
         



 私たちの普段の生活に関係するところでは、保育園の費用や保健所で健康診断を行った時の費用などがわかりやすいところでしょうか。漁港や港湾施設を使ったときにも、いろいろな使用料がかかっていることがわかります。公的な財産や人手を、一部の関係者だけが使用するわけですから、「受益を受けた者の対価としての実費負担」という使用料の性格がよくわかります。

参考文献
・「横須賀市財政基本計画」
・「市町村財政分析」自治体研究社
・「平成29年度横須賀市予算書」横須賀市