手数料とは、特定の人が利益を受けたり、許可、検査、試験、登録などが含まれるものに係る収入ですが、この説明だけでは具体的にどのようなものがあるのかよくわかりません。そこで市の予算書に書かれている内容を以下に見てみます。


手数料

手数料の推移

        

 

     (千円)  
    手数料  
  H10 1,653,147  
  H11 1,630,433  
  H12 1,488,240  
  H13 1,417,395  
  H14 1,492,548  
  H15 1,490,743  
  H16 1,456,464  
  H17 1,427,682  
  H18 1,336,514  
  H19 1,315,159  
  H20 1,240,657  
  H21 1,183,609  
  H22 1,166,518  
  H23 1,092,088  
  H24 1,098,294  
  H25 1,037,846  
  H26 993,750  
  H27 1,005,675  
  H28 1,012,422  
  H29 1,003,714  
  H30 996,701  
  R 1 992,609  
  R 2 914,422  
       

 



手数料の内訳(平成29年度)

予算
区分 金額 説明
1 総務手数料 194,072   1 情報公開手数料 2,400          
      2 戸籍手数料 54,914  
      3 印鑑登録証交付手数料 3,561  
      4 臨時運行許可手数料 3,593  
      5 通知カード・個人番号カード再交付手数料 551  
      6 行政不服審査提出資料交付手数料 1  
      7 証明閲覧謄抄本手数料 129,052   
         
2 民生手数料 3,966   1 介護保険サービス事業者等指定・更新審査手数料 2,900  
      2 療育相談センター診療所手数料 1,065  
      3 証明閲覧謄抄本手数料 1  
         
3 衛生手数料 61,833    1 飲食営業許可手数料  13,115     
      2 環境営業許可手数料  1,007  
      3 狂犬病予防手数料 28,301  
      4 動物愛護手数料  1,526  
      5 保健所手数料 1  
      6 医事薬事関係手数料 3,077  
      7 健康安全科学センター手数料 6,548  
    感染症や食中毒などの病原微生物検査、食品・飲料水などの安全性検査、水質汚濁などの環境保全に関する検査を行っています。日ノ出町にあります。 
      8 救急医療センター手数料 4,000  
      9 馬門山墓地管理料 795  
    10 馬門山墓地使用許可書書換え再交付手数料 4  
    11 入学検定料 800  
    12 入学金 2,500  
    13 証明閲覧謄抄本手数料 159  
         
4 環境手数料  544,152    1 廃棄物処理業等許可手数料   1,750  
      2 廃棄物処理手数料 541,675  
      3 浄化槽保守点検業登録申請手数料 704  
      4 鳥獣飼養登録票交付手数料 23  
         
5 農林水産業手数料 63    1 閲覧謄抄本手数料  63  
         
6 商工手数料    1 適正計量管理事業所指定検査手数料  1  
          
7 土木手数料  33,349   1 建築許可手数料  5,775  
      2 住宅用家屋証明申請手数料  2,730  
      3 建築確認手数料  1,994  
      4 長期優良住宅認定事務手数料  2,285  
      5 低炭素建築物認定事務手数料  132  
      6 マンション建替関係認定手数料  160  
      7 建築物省エネ法適合性判定等事務手数料  730  
      8 開発許可等手数料  4,233  
      9 宅地造成許可手数料  309  
    10 図面等交付手数料 4,440  
    11 船員関係手数料   80  
    12 屋外広告物許可申請手数料   8,700  
    13 屋外広告物講習会参加手数料   330  
    14 証明閲覧謄抄本手数料   1,451  
         
8 消防手数料  5,030    1 危険物取締関係手数料   5,030  
         
9 教育手数料 3,589    1 入学検定料 986  
      2 入学金  1,903  
      3 入園受入準備費  480  
      4 証明閲覧謄抄本手数料 220  
         



 手数料では、戸籍謄本や抄本をとるときの費用や、粗大ごみを引き取ってもらうときに支払う費用などが、なじみの深いものでしょうか。土木手数料においては、建築業者による許可申請にかかる費用が多くを占めているようです。「役務に対する費用を賄うため又は報酬として経費の全部又は一部を負担」するという手数料の性格が、ここからわかります。

手数料の根拠規定


 地方自治法227条において、「特定の者のために行う事務について手数料をとることができる」とされています。この規定により横須賀市手数料条例が定められており、「別に定めがあるもののほか、この条例の定めによる」と規定されています。この条例はほとんどが、国の法律に規定されている許可申請のための手数料の金額を規定したものです。
 
 例えばわかりやすいところでいうと、狂犬病予防手数料では、狂犬病予防法に基づいた次のような規定があります。

・犬の登録 3000円  ・予防注射 3050円  ・予防注射済票 550円


 この規定は、狂犬病予防法で義務付けのある登録等について、条例で手数料を定めたものです。このように、条例のほとんどは国の法律に基づき、その手数料を市が独自に定めたものになっています。

 一方、地方自治法228条の1項では、「全国的に統一して定めることが必要とされる事務を政令で定める」となっています。これらの事務については金額も決まっていて、この金額を基準に、各自治体は条例を定めることとされています。

 例えば、廃棄物の処理及び清掃に関する法律関係では、

・収集運搬業者の事業の範囲の変更許可に関する申請手数料 71,000円
・処分業者の事業の範囲の変更許可に関する申請手数料   92、000円


となっており、これは政令の規定と同額となっています。

 手数料の根拠規定はこの条例ですが、ここで全ての手数料について定められているわけではありません。「別に定めるもの」については、どこに根拠があるのか不明です。今後調べていきたいと思います。
 

参考文献
・「横須賀市財政基本計画」
・「市町村財政分析」自治体研究社
・「平成29年度横須賀市予算書」横須賀市