小学校一覧


 ここでは小学校とそれぞれの開校年度、そしてそれぞれの学校の生い立ちを一覧にしました。明治6年に開校が集中しているのは、明治5年に学制が公布されたことによります。小学校は各4年制の下等小学と上等小学からなる尋常小学とされました。

 その後は人口の増加に対応して、明治の後期と昭和50年前後に小学校が増えているのがわかります。

 もともとは、寺子屋や町村組合がお寺の境内等を拝借して運営した郷学校などが学校へ移行した例も多いため、厳密には開校といえないケースもありますが、この一覧では一様に「開校」という表現にしてあります。


  学校名 開校年度 備 考
1 追 浜 昭和16 浦郷小と船越小の転校生をあわせて開校
2 夏 島 昭和35 浦郷小分校を前身として開校
3 浦 郷 明治7 自得寺に本浦学舎として開校
4 鷹 取 昭和50 湘南鷹取団地が開発された昭和40年から10年後の開校
5 船 越 明治20 私立義立学校を前身に開校
6 田 浦 明治12 長善寺本堂の田浦学舎を前身としてとして開校
7 長 浦 明治6 常光寺に第五十三番小学長浦学舎として開校
8 逸 見 明治6 浄土寺本堂に開校
9 沢 山 明治44 逸見小から分かれて開校
10 平成11 青葉小学校と坂本小学校を統合し開校
11 汐 入 明治5 稲岡にある永島政徳さんの家に稲岡学舎として開校
12 諏 訪 明治35 尋常高等第一横須賀小学校を4校に分割し尋常第一横須賀小学校として開校
13 田 戸 大正11 豊島小、諏訪小、鶴久保小、山崎小からの転校生をあわせて開校
14 山 崎 明治45 尋常山崎小学校として現在地の場所に開校
15 豊 島 明治5 寺子屋だった公郷村浄蓮寺本堂に公郷村学舎として開校
16 鶴久保 明治41 尋常鶴久保小学校として開校
17 公 郷 昭和24 商業高校が久里浜に移転しその跡地に開校
18 池 上 昭和9 町の人々が努力して妙蔵寺に土地を借りてつくった衣笠小学校の池上分教場を前身として開校
19 城 北 昭和34 衣笠小学校分校として開校
20 衣 笠 明治6 満昌寺本堂の大矢部学舎と大明寺仁王門下の宿坊の金谷学舎が開校
21 大矢部 昭和55 満昌寺本堂の大矢部学舎に始まり幾多の変遷を経て新たに開校
22 森 崎 昭和45 公郷小学校分校として開校
23 大 津 明治10 信誠寺の庫裏で始まった勉強を前身として開校
24 根 岸 昭和55 大津小学校から分かれて開校
25 走 水 明治6 覚栄寺・円照寺・大泉寺の3つのお寺を借りて開校
26 馬 堀 昭和26 人口増により開校
27 望 洋 昭和50 馬堀小学校から分かれて開校
28 大塚台 平成15 人口増により開校
29 浦 賀 明治31 東浦賀の乗誓寺および西浦賀の叶神社の郷学校を前身として開校
30 小原台 昭和52 鴨居小学校から分かれて開校
31 鴨 居 明治6 西徳寺に開校
32 高 坂 大正15 西浦賀の叶神社に完成した西岸学校を前身として開校
33 岩 戸 昭和49 人口増により開校
34 久里浜 明治6 八幡神社官大井経豊氏の寺子屋を引き継いだ同氏宅の八幡小学舎を前身として開校
35 明 浜 昭和35 久里浜小学校から分かれて開校
36 神 明 昭和54 人口増により開校
37 粟 田 昭和48 人口増により開校
38 野 比 昭和57 人口増により開校
39 野比東 平成8 野比小学校から分かれて開校
40 北下浦 明治34 法善寺の長沢学舎、最宝寺の野比学舎、宝蔵院近くの津久井学舎の3校を前身として開校
41 津久井 昭和51 北下浦小学校から分かれて開校
42 長 井 明治22 尋常高等長井学校として開校
43 富士見 昭和50 武山中学校あとの校舎を利用して開校
44 武 山 明治24 武学校(東漸寺)と林学校(林照寺)を合併して開校
45 荻 野 昭和57 人口増により開校
46 大 楠 明治30 尋常中西浦小学校として開校




中学校一覧


 ここでは中学校とそれぞれの開校年度、そしてそれぞれの学校の生い立ちを一覧にしました。昭和22年に開校が集中しているのは、この年に学制改革が行われ、それまでの6年制の国民学校初等科と2年制の国民学校高等科から、6年制の小学校3年制の中学校というように、学制改革が行われたことによります。それまでの複雑な制度が、シンプルな制度に変わりました。

 その後は人口の増加に対応して、それまでの学校から分離独立する形で新しい学校が新設されていくことになります。昭和50年代に入って、急増している様子がわかります。

  学校名 開校年度 備 考
1 追 浜 昭和36 田浦中学校から分かれて開校
2 鷹 取 昭和55 追浜中学校から分かれて開校
3 田 浦 昭和22 市立浦郷中学校と市立船越中学校が合併して開校
4 坂 本 昭和22 旧陸軍重砲兵連隊営舎を使用して開校
5 不入斗 昭和22 旧陸軍重砲兵連隊営舎を使用して開校
6 常 葉 昭和35 坂本中、不入斗中から分かれて開校
7 公 郷 昭和46 池上中から分かれて開校
8 池 上 昭和22 市立工業高等学校の一棟を借用して開校 
9 衣 笠 昭和53 池上中から分かれて開校
10 大矢部 昭和59 公郷中から分かれて開校
11 大 津 昭和51 馬堀中から分かれて開校
12 馬 堀 昭和22 旧陸軍重砲兵学校営舎を転用して開校
13 浦 賀 昭和22 元浦賀造船所青年学校校舎を使用して開校
14 鴨 居 昭和29 浦賀中学校から分かれて開校
15 岩 戸 昭和62 久里浜中から分かれて開校
16 久里浜 昭和24 野比中(現在の北下浦中)から分かれて開校
17 神 明 昭和54 久里浜中から分かれて開校
18 野 比 昭和52 北下浦中から分かれて開校
19 北下浦 昭和22 旧海軍対潜学校を転用し野比中学校として開校、昭和34年に現在の名称となる。
20 長 沢 昭和60 北下浦中から分かれて開校
21 長 井 昭和22 旧海軍砲術学校長井分校を使用し開校
22 武 山 昭和22 長井中学校から分かれて開校
23 大 楠 昭和22 現在の大楠小学校の校舎の一部を使用して開校


参考文献:よこすかスクールネット、ウィキペディア、新横須賀市史